「人間のコントロール」について

加害側の目的で
「人間のコントロール」
実験をおこなっていると記載しましたが、下記のように、
・「認知機能」のコントロール
・「メディア」によるコントロール
・「周囲の人間」によるコントロール
に分けられるかと思います

認知機能のコントロール

  • 認知、注意、想起をコントロールすることで、
    • ある行動を起こさせる
    • ある選択をとらせる
    • ある言葉やフレーズ、話題をしゃべらせる(頭の中で話す場合も含む)
ことが任意のタイミングで可能になっている

メディアによるコントロール

メディアによるコントロールに使用されている作品

  • 『MIB』『MIB3』『MIBインターナショナル』
  • 『アラジン』
  • 『集団左遷』
  • 日本テレビの各番組
  • NHKの各番組
  • ラジオ
認知機能のコントロールがうまくできるかの実験として上記のような作品が利用されます。たとえば、映画鑑賞中に映画の感想として特定のフレーズを想起したとすると、数秒後にその応答となるようなフレーズが映画内で話されます。また、身の回りに居る特定人物を想起するような人物を作中に登場させたりします。

思考盗聴について作中で示唆している作品

思考盗聴について作中で示唆をしている作品も存在しているように思います。
加害者団体に密接に関係する人たちが危険性を感じ、
メディア作品を通して世の中にメッセージを送っているようにも思われます。
  • 『ブラック・ミラー / Black Mirror』チャーリーブルッカ―(Charlie Brooker)
    • 神経伝送装置など
  • 『ブラック・ミラー: バンダースナッチ』
    • 主人公がおこなう選択をコントロールされているという設定
  • 『ストレンジャー・シングス 未知の世界 / Stranger Things』シーズン3
  • 『WHAT IF 選択の連鎖』
  • 『心霊電流』スティーブン・キング
  • 『百の夜は跳ねて』古市憲寿
    • 声が聞こえるくだり、鏡の話
  • 『スタートレック:ディスカバリー』
  • 『新スタートレック』
    • 超時空惑星カターン (125話)
  • 『PSYCHO-PASS』虚淵 玄
  • 『GODZILLA 怪獣黙示録』大樹連司(小説版)
    • 大樹連司さんは国際基督教大学卒
  • 『ゼノギアス』
    • 教会の描写
  • 『進撃の巨人』
    • 教会の描写
  • 『NARUTO』
  • 『幽☆遊☆白書』?
    • 14巻、室田という能力者が心を読める設定。仙水が内心で神父~と言っている。

周囲の人間によるコントロール

  • 加害側は認知機能のコントロールが可能です。周囲の人間の認知機能をコントロールし、彼らが話している内容のなかに、特定の単語、フレーズ、話題を出すことが可能です。これによって、ほのめかし/ガスライティング、いわゆる集団ストーカーの状態を作り出すことができます。
    • ただし、集団ストーカーの実在性も否定はできないかもしれません。集団ストーカーをおこなうにはそのための人間を動員することが必要ですが、それにはコストがかかります。そのため加害側のテクノロジーの発展とともに、集団ストーカーではなく、対象者の周りにいる人間に任意のほのめかしをおこなわせるという方法をとらせるようになった可能性があります(また、両方を混ぜて加害行為を行ってくる可能性もあります)

  • 最終更新:2019-07-20 19:03:19

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード