ひとまずメモ

  • 奇跡 = 神の存在の証明
    • 奇跡 = 確率的にほぼ起きるはずがないことが起こること
  • マクノートン法

  • ラジオ ⇒ 「放射性の」という意味を持つ

〇頭の中での言葉のやり取りが議論のようになったとき、下記のような詭弁術がテストされている可能性
 ・ただし上記のなかには思考盗聴の存在の議論についても、まさにあてはまることが含まれており、ある種かなり皮肉的にはなってしまうが(前述のとおり彼らは皮肉屋であり、この内容をサイトに記載することで皮肉的になることも狙っていると思われる)

〇人間の認知バイアスについてテストで確認している可能性
 ・下記のような認知バイアスを引き起こし、そのバイアスの存在をテスト(確認)している可能性

〇被害者【に】合わせているというより、被害者【を】合わせている可能性
 ・たとえば、電車内やFacebookの広告
 ・映画やドラマの内容
 上記の内容のコントロールの存在を否定するまでではない(あるいは否定させたいためにそう考えさせているのかもしれない。数は限られるとは思うが、上記の内容の方をコントロールしている場合もあり得る)が、
 被害者側をコントロールしている場合も相当数あると思われる。

■言葉関連

〇1.名前で関連性を持たせて、皮肉やブラックジョークを作り出す
・たとえば、ロバートダンカン博士については、「ロバート・ダンカン・マクニール」というスタートレック等を作った映画プロデューサー・俳優が居る
 ・ブラックミラーやスタートレックという米国作品については、思考盗聴の示唆になっている可能性があり、ある種の皮肉となっている

〇2.言葉のかけ合わせ(掛け詞)をよくおこなってくる
・そういう専属チームがいる?
・たとえば、頭の中に聞こえてくる音声について
 ・テレビの「副音声(HUKUONSEI)」とキリスト教の「福音(HUKUON)」をかけてきたりする
・ダブルミーニング(Double Meaning)と呼ばれている方法?

〇3.数字で語呂合わせあるいは意味づけをおこなってくる
・29はニクと読めるので肉
・110は警察の電話番号なので警察

〇4.タイポグリセミア(Typoglycemia)
・タイポグリセミアについてはWikipedia等を参照
・文字単位だけではなく、単語単位でもおこなう
 ・ある文章がまったく別の意味にとらえられる

  • 最終更新:2020-07-11 01:05:00

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード