ひとまずメモ

まとめる時間をなかなかとることができないため、
いったんこちらに箇条書きでメモしておきます。

ーーーーー

■Robert, Ph.D. Duncan「How to Tame a Demon: A Short Practical Guide to Organized Intimidation Stalking, Electronic Torture, and Mind Control」の翻訳
( ロバートダンカン博士「悪魔を飼いならす方法」)

Amazon | How to Tame a Demon: A Short Practical Guide to Organized Intimidation Stalking, Electronic Torture, and Mind Control | Robert, Ph.D. Duncan | Abuse

全文をGoogle翻訳で翻訳しました。
(今後、人手で翻訳をより正確にしていきます)


原著はAmazonUnlimitedで無料で読むことができるようです

ーーーーー

■対策リスト

1.神経への刺激および読み取り
 ・頭の中で矢印をイメージする(方向が重要)
 ・赤色と青色を交互にイメージする
 ・鼻から深呼吸して口からはく
 ・塩もしくは砂糖をイメージする
 (加害者側に撒くようなイメージでもよい)
 ・車にブレーキをかけるイメージ
 ・加害者側に電流を流すようなイメージ
 (自分に流すイメージはやめたほうがよい)

2.音声送信
 ・音楽を聴く
 ・ホワイトノイズを聴く

3.思考盗聴
 ・不明

4.(デジタルハッキング)
 もし存在するなら、
 ・セキュリティをなるべく強化する
 ・そもそも個人情報(プライバシーに関する情報)をWeb上に載せない、
  PC内に持たない。紙のノートなどで管理する。

5.(集団ストーキング)
 もし存在するなら、
 ・写真と録音をとっておく(ただしトラブルにならないように注意する)
 ・探偵に依頼し調査

ーーーーー

■加害行為の分類
1.神経への刺激および読み取り
2.音声送信
3.思考読み取り
4.(デジタルハッキング)
5.(集団ストーキング行為)

括弧付きは実在しているか確信できないもの

ーーーーー

■加害側はどのような組織か?

1.国の機関が実行している
2.国の機関と国の機関以外が結託して実行している
3.国の機関と国の機関以外がそれぞれ別に実行している
4.国の機関が依頼して国の機関以外が実行している
5.国の機関以外が実行している
 5-1. 国の機関もそのことを知っている
 5-2. 国の機関はそのことをしらないが、技術の存在は知っている
 5-3. 国の機関もそのことをしらない、かつ、技術の存在も知らない

ーーーーー

■たとえば、国の代表(総理や大統領など)が加害行為を
 受ける可能性に対して、国側はどう考えているのか?

1.加害行為の存在を知らない
2.加害行為の存在を知っている
 2-1.加害行為を防ぐ方法がある
  2-1-1.技術的に防ぐ方法
  2-1-2.非技術的に防ぐ方法
 2-2.加害行為を防ぐ方法がない

ーーーーー

■なぜ国の機関は加害行為をおこなっているのか、
 あるいは、容認(黙認)しているのか?

1.倫理性よりも人体実験による成果を優先しているため
2.その他の理由

ーーーーー

■思考操作と誤認させる攻撃について

「被害者の思考を加害者が操っているように思わせる」加害行為がある
(被害者が加害者の操り人形であるかのように思わせる)

どういうものかというと、思考や感覚を被害者-加害者間で同期し、
被害者が考えたり感じたりしたことで、
言語化していないものを、加害者が言語化することで、
あたかも加害者が被害者の思考を操っているように思わせるものです。

#思考盗聴 #テクノロジー犯罪 #TargetedIndividuals(#TI)

ーーーーー

■気分操作について

あくまでも体感ですが、下記のようなものだと思われます

1.鼻涙管への刺激

涙を出すような刺激をおこなう

2.篩骨洞もしくは蝶形骨洞の圧迫感操作

圧迫感を操作することで、頭が重い状態を作り出す
憂鬱感につながる

2については、鼻から深呼吸することで、解消することができる
篩骨洞および蝶形骨導は鼻腔と通じている。
一方で鼻涙管も同様に鼻腔から通じているはずだが、
こちらは鼻からの深呼吸でも解消せず

鼻涙管・篩骨洞・蝶形骨洞について
https://www.anatomy.tokyo/systematic/ 副鼻腔・鼻涙管と耳管の開口部位/
鼻涙管・篩骨洞・蝶形骨洞については、画像検索すると、
どの位置に存在するかわかりやすいと思います

鼻涙管への刺激 ⇒ 神経を直接刺激
篩骨洞もしくは蝶形骨導への圧迫感操作 ⇒ 鼻涙管への刺激とは別の方法?

#思考盗聴 #テクノロジー犯罪 #TargetedIndividuals(#TI)

ーーーーー

■国が打ち上げている情報衛星

内閣衛星情報センター | 内閣官房ホームページ


					
  • 最終更新:2018-11-06 17:54:53

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード